SQL

分析関数 RANK

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分析関数でRANKを使用するサンプルSQLを紹介します。

分析関数 RANK

部署毎で年収のランキング表示を行う

SELECT
    EMP_ID  AS 従業員ID
  , DEPT_ID AS 部署ID
  , SALARY  AS 年収
FROM
    TB_EMP
;
   従業員ID 部署ID         年収
---------- -------- ----------
         1 01          3000000
         2 01          4500000
         3 02          4800000
         4 02          5000000
         5 02          5000000

5行が選択されました。

部署毎で年収のランキング表示を行う

SELECT
    EMP_ID  AS 従業員ID
  , DEPT_ID AS 組織ID
  , SALARY  AS 年収
  , 
RANK() OVER(PARTITION BY DEPT_ID ORDER BY SALARY DESC) AS RANKING
FROM TB_EMP ; 従業員ID 部署ID 年収 RANKING ---------- -------- ---------- ---------- 2 01 4500000 1 1 01 3000000 2 5 02 5000000 1 4 02 5000000 1 3 02 4800000 3 5行が選択されました。

『RANK() OVER(PARTITION BY DEPT_ID ORDER BY SALARY DESC)』とすることで、部署ID毎、給与の降順でランキング結果を表示できます。

『RANK()』を使った場合、同じ年収が存在すれば同じランキング数字が返却されます。

そして、重複した分だけ連番は飛ばされます。従業員ID「3」の『RANKING』は2とならずに3となっていますね。

部署毎で年収が1位の従業員を抽出する

SELECT
    VW.EMP_ID  AS 従業員ID
  , VW.DEPT_ID AS 組織ID
  , VW.SALARY  AS 年収
  , VW.RNK     AS RANKING
FROM
(
    SELECT
        EMP_ID  AS EMP_ID
      , DEPT_ID AS DEPT_ID
      , SALARY  AS SALARY
      , RANK() OVER(PARTITION BY DEPT_ID ORDER BY SALARY DESC) AS RNK
    FROM
        TB_EMP
) VW
WHERE
  VW.RNK = 1
;
   従業員ID 組織ID          年収    RANKING
---------- -------- ---------- ----------
         2 01          4500000          1
         4 02          5000000          1
         5 02          5000000          1

副問合せを使ってRANK()で付与されたランキング結果を抽出条件にすると、部署毎で、年収が一番高い従業員を抽出することができます。

従業員IDの4と5は同一の年収なので両方とも抽出されます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. ピンバック: 分析関数 AVG
  2. ピンバック: 分析関数 COUNT

コメントを残す

*