SQL

10進数と2進数の変換・処理速度検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の記事で紹介した10進数から2進数、2進数から10進数に変換するPL/SQLで、割算・切り捨て・余りを使った変換方法、BITANDを使った変換方法、BIN_TO_DECを使った変換方法で、それぞれ処理速度検証を行いました。

合計10回計測して、平均値を求めています。

100万レコードでの処理速度検証結果

回数/平均 10進数⇒2進数 2進数⇒10進数
ノーマル BITAND ノーマル BIN_TO_DEC
1回目 1.28秒 1.33秒 1.53秒 2.09秒
2回目 1.4秒 1.74秒 1.31秒 2.58秒
3回目 1.63秒 1.93秒 1.31秒 1.78秒
4回目 1.34秒 1.51秒 1.54秒 1.41秒
5回目 1.37秒 1.62秒 1.92秒 1.75秒
6回目 1.48秒 1.42秒 1.33秒 1.43秒
7回目 1.57秒 1.76秒 1.44秒 1.43秒
8回目 1.35秒 1.46秒 1.39秒 1.36秒
9回目 1.4秒 1.41秒 2.11秒 1.41秒
10回目 0.92秒 1.61秒 1.5秒 1.72秒
平均 1.4秒 1.6秒 1.5秒 1.7秒

どれを使ってもあまり速度は変わりませんので、自分の好みにあったロジックを使うのがいいと思います。

過去の記事はこちらです。

以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*